設備投資のタイミングが難しい

ちいさな食品系の工場を営んでいます。今のところは商売は順調ですが、悩むのは設備投資のタイミングです。

投資をすれば生産数の向上が望めますが、タイミングを誤ればその増えた生産分がすべて無駄になりかねません。また、新たな設備もすぐにモノになる訳ではなく、ある程度勉強の期間も必要です。

なにより困るのが資金の問題です。私の会社はそれほどの利益があるわけではありませんから基本的には設備投資には借金を用いることになります。もし、この借金をしたのにかかわらず利益が出なかったら、でも設備投資をしなければ成長は望めない。いつもこのことが悩みの種です。

しかも起業時にも借金をしていますから、さらに借金を抱えてしまうという事になります。同業者の中には、設備投資の借金が増え、最後には倒産してしまった所もあります。

そのため、いつもあらゆるメディアに目を通し、商売の機会をうかがっています。しかし、ネットなどを見ていると、様々な新しい設備が登場しています。これを導入すれば作業が楽になるのではないか、でも値段が高い。借金すればいいのではないか。このような試行錯誤が毎日続きます。

会社の資金が足りない時に生活費から持ち出すかも決断が難しい所です。前には利益を見込んで生活費から会社の費用を捻出したところ、思いのほか損をしてしまい、危うく携帯の料金が払えなくなるところでした。それからはできるだけ生活費から事業費に転換はしないようにしています。

最近は便利な時代になり、いらなくなった設備をネットオークション等で売ることが出来るようになりました。今まではごみになっていたものが多少なりともお金になるようになり、無駄が減りました。このような小遣いを稼ぐ道をもっと見つけることが出来れば生活が楽になるのですが。

先日、経営者同士の集まりがあり、みなさん同じような悩みを抱えていました。設備投資とその費用、私のお金の悩みはそれに付きますね。

事業資金を借りるならコチラを参考に≪https://ponytail-sclimb.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です